カードローンの選び方を極める

MENU

健全な業者はどうやって選ぶのか?

健全なキャッシング業者は有名どころ


キャッシングを利用するとき、誰しも悪徳業者は避けたいと思うでしょう。
貸金業界には悪徳業者が多いのが注意点ですが、うまく避ける方法はあります。
それは、知名度の高い業者から借りることなのです。
最もリスクが低いのは、大手銀行のキャッシングを利用することです。
ホームページ経由で申し込めば、100%失敗はありません。
悪徳業者が大手銀行に匹敵するほどのホームページを制作することはありえません。
粗末なサイト、ダイレクトメールなどで宣伝してくるはずです。

商品説明が具体的であるほど信用できる


キャッシングの商品説明が具体的であるほど、信頼性の高い商品だと考えていいでしょう。
各社では必ずホームページに金利表記をしていますが、表記方法は4.5%〜17.5%といった幅のある表記になっているはずです。
この表記ですと、何%が適用になるのかわかりません。
大手銀行のなかには、借入額別に金利設定をしているところもあります。
こうした銀行ですと、適用金利が12.5%というようにその場でわかるのです。

限度額にはあまりこだわる必要はない


キャッシングの限度額は、あまり重要ではありません。
銀行、消費者金融、銀行系業者に共通することですが、キャッシングで数百万円を借りる方というのは、ほとんどいないのです。
借入額で一番多いのは、1万円〜10万円という少額の金額帯なのです。
数百万円を借りて返済できなくて債務整理したなどの話はよく聞くでしょうが、現実的にめったに起こるものではありません。
借入希望額は100万円もあれば十分だと考えていいでしょう。

返済方法が豊富にあるか確かめる


お金を借りるうえでの注意点は、返済方法が豊富にあるかどうかです。
返済方法が少ないローンというのは、いざというときに困ります。
リボ返済限定のローンだと、追加返済するときに不便です。
カードを使用して好きなタイミングで返済できるローンを選ぶなら、やはりカードローンが一番便利でしょう。
利息を抑える一番のコツは、繰り上げ返済をして元金を減らすことです。
繰り上げ返済できないローンは、避けたほうがいいでしょう。