奨学金

MENU

奨学金を返すのが大変で、借金が借金を呼ぶ

奨学金

近年、奨学金にまつわる返済トラブルが増えています。もともと奨学金とは、学生が学校に通うために必要なお金を支援する制度です。しかしこのお金は決して無償で貰っているわけではありませんので、どこかのタイミングで返済をすることもセットになっています。そのため一見とても役立つ制度に見えますが、返済時の大変さも考慮していないと将来的に困ることになるでしょう。

 

実際に奨学金の返済のために、新たに借金をしてしまう人も多くいます。借金を返すために借金をするというのは、まさに悪循環です。このようなやり方を繰り返すといずれ借りられる場所も減っていき、もしかしたら信用情報にも傷が付くかもしれません。そうなると、その後新たに借入したいときにも障害になってきます。

 

こうしたジレンマから抜け出すために、ヤミ金に手を出す人も少なくありません。秘密裏に多額のお金をすぐに融資してもらえるので、目先の苦しさから解放されるために借りてしまうのです。また最近では奨学金の返済に困っている人をターゲットにして、近付いてくるようなヤミ金業者も確認されています。非常に悪質ではあるものの、それほど今の世の中では奨学金が原因で困窮している人が多いのでしょう。

 

以上のことから、今後奨学金制度を利用しようと考えている人は、やがて来る返済のときのことをよく考えておいてください。優秀な成績を残せば返済額が軽減される仕組みを導入している学校もありますが、現実にはなかなかその基準に達することはできません。余程の努力をしない限りは、借りた金額全てを返すことになります。

 

同時にこうした背景を受け、国としても教育費の見直しを全面的に推し進めることが求められています。奨学金破産などという言葉も聞こえてきていますし、学業に情熱を燃やす生徒が不安なく学べる世の中にしていかなければなりません。奨学金が新たな借金を誘発するような、そのような制度ではいけないのです。教育費が高くなれば少子化にも拍車を掛けますし、今一度真剣に議論する必要があるでしょう。